過去のブログ(ツアー日記:2001年10~12月)

杉山愛の過去のブログ「ツアー日記」です。
2001年5月から2008年2月までの過去の日記がご覧になれます。

TOUR DIARY

2週間完全休養...(2001年12月6日)

皆さんこんにちは。

 12月に入り、寒さも日々厳しくなってきましたがいかがお過ごしですか? 今はもう来シーズンにむけてがんがんトレーニングを始めているのですが、今年はシーズンが少し短くなったなった こともあって、いつもより長めの2週間完全休養を取りました。

 運動もせずラケットも置いて過ごしたこの時期はとってもいいリフレッシュだったかな。まずは母と温泉ANDエステで疲れた心身を癒し栄養補給。2-3日はただ温泉につかって美味しい物を食べ、紅葉した箱根の山道をドライブしたりしてのんびりしていました。

 疲れが完全にとれてからはWORLD GOLF観戦でタイガー・ウッズやデビッド・デゥバル、アーニ-・エルス等世界のトップ ゴルファーのプレーを観に行ってきました。私もゴルフは大好きなので、イメージトレーニングと思って目に焼き付けてきたわけですが、彼らのスウィングのしなやかで速いこと!! 強さとしなやかさプラスグリーン周りでの絶妙なタッチに感激しました。凄すぎてあんまり参考にならないというのが本当のところでございました。。。

 そしてさらにスポーツ観戦は続き、Jリーグの第2ステージの優勝をかけたゲームで鹿島アントラーズ対東京ヴェルディの試合を観に行ってきました。鹿島の鈴木選手とはかなり前からのお友達で、"時間が合ったら応援に行きたい!"という念願かなって応援に駆けつけたのでした。その日は4-1というスコアで勝ち、優勝が決まったのでした~。やったー!鹿島スタジアムで行われたということもあって 、サポーターの応援の盛り上がりかたといい、スタジアム全体の雰囲気といい最高でした。あんな中でプレーするなんて、選手としては最高に気分がいいでしょうねー。今はチャンピオンをかけて戦ってますからね、目が離せません。

 私はスポーツ観戦が大好きなのですが、新たにいろいろな人と出会えて、さらにその人達からたくさんパワーを頂いて、"また頑張るぞ~!!"というエネルギーが湧いてきます。私も人にそういうパワーを感じてもらうことができたら選手冥利に尽きるというものです。

 話は変わって12月1日に伊達さんの結婚式に出席してきました。それはそれは素晴らしい結婚式と披露宴でした。 伊達さんもさらにほっそりとスリムになられてとても輝いていました。愛し、愛されることの素晴らしさを目で見、肌で感じてきました。お相手のマイケルさんには初めてお会いしたのですが、とてもやさしそうな方で本当にお似合いのお二人でした。マイケルさん、伊達ック、いつまでもお幸せに!!

 そしてまたまた話はかわり、先日テレビの収録に行ってきました。"徹子の部屋"と"ジャンクスポーツ"の収録だったのですが、と~っても楽しかった^0^です。黒柳さんからは貴重なお話を聞かせていただいたり、"ジャンクスポーツ"ではいろいろな他のスポーツ界の選手から楽しい話を聞いたりしてとても刺激になりました。

 個人的には浜ちゃん(すいません、、、慣れなれしくそう呼ばせて頂きます・・・)に会て嬉しかったし、浜ちゃんのつっこみやフォローの仕方、トークの凄さには感激しました。オンエア-は後日掲載されるので、皆さん"CHECK IT OUT!"よろしくお願いしま~す。

 まだまだお話したいことがあるのですが今回はこのへんで。12月8日は大磯プリンスにて"ファンの集い"があります。1年に1度、皆さんと一緒にテニスができるチャンスの日ですので、お時間のあるかたはファンクラブにお問い合わせの上、是非是非遊びにきてください。皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
WITH LOVE,愛

だいぶ寒くなってきましたね~...(2001年11月12日)

皆さんこんにちは。

 だいぶ寒くなってきましたね~。いかがお過ごしですか? 2001年シーズン全日程終了で~す!!今年も長かったような短かったような1年でした。(ってどっちなんだ?)でもいつもと違うことがひとつ。それは最後の方にかけてだんだんよくなっていく気配の中、精神的にも肉体的にも元気に力強くフィニッシュできたこと。今までは後半戦になってくると自分の中のエネルギーが少なくなっていくの を感じて、エンスト寸前で1年が終了するという感じでした。

 でも考えてみればツアー生活はそんなに甘いものではないので当然と言えば当然のことかもしれませんが・・・。しかし今年は最後にかけて"自分のテニス"そして何よりも"自分"と言うものを少しずつ分かってきたような気がします。そういった手応えの中で今年の最終ランキングは30位 。来年のシーズン、特に オーストラリアンオープンのシード獲得の為にもトップ30でフィニッシュしたかったので、とりあえずの目標はクリアできて少しHAPPYです。やっぱりリンツとパタヤに行ってきてよかった。。。

 今回のパタヤは吉田友佳ちゃんと一緒にいってきました。パタヤはやっぱりメチャ暑かった・・・。暑さと湿気に慣れるまでに丸2日かかりました。友佳がいてくれたおかげで楽しい時間を過ごす事が出来ました。テニスコート以外ではビーチでお昼寝、ネイルにマッサージ、お買い物と大忙しのパタヤ旅行でした。でも久々にアジアを遠征して感じた事は"やっぱりアジア好きかも!"なんと言っても物価が安い。マッサージ・ネイルなんていうのは400バーツ~500バーツ。日本円にして1200円くらい。しかもこのネイルもマッサージもちゃんとした一流ホテル、ホテルで受けるものですよ。

 買い物にもミニトラックを改造した荷台に乗るようなタクシーで行くのですが、このタクシー料金も交渉しだい。不慣れな私はホテルで相場を聞いたのですが、ホテルの人が"だいたい2人で50バーツよ"(日本円で150円くらい)と言うので交渉しました。しかし運転手に"70バーツ。"と言われ静かに言われた額を払ってしまったのでした・・・・。で、そのことをパタヤに来ていた日本人選手のさおちんに聞いたところによると、彼女はなんとひとりにつき10バーツ(30円)しか払っていないって言うではありませんか!!何ということ!やはり初めは誰でも失敗するものです。来年行く機会があった際にはひとり10バーツで交渉しなければ!

 そしてアジアが好きな理由はなんと言っても人がいい。特にタイでは大会の人からホテルの人、皆さんに親切にしてもらってとっても快適な時間を過ごす事が出来ました。人が暖かくって物価が安い、タイ料理好きの私にはたまらない!今度はのんびり旅行でアジアを周りたいな。皆さんもお試しあれ!そしてアジアお勧めスポットなどご存知の方は教えてくださ~い。情報お待ちしております。

 さて、わたくし杉山愛、本日から休養に入らせて頂きます。1年でぐだ~とじっくり休める時はこの時期しかないので、ゆっくり休養しておもいっきり楽しい時間を過ごしたいと思っています。来年パワー全開でいくためにもこのオフを有効につかいたいと思います。オフでの楽しい出来事はまたダイアリーでご報告しますね。

 それでは早速温泉にいってきま~す。CIAO!
WITH LOVE,愛

香取シェフを選んだ理由...(2001年10月30日)

皆さん、ただいまです。

 リンツより帰ってまいりました。といっても今回の日本滞在は短いものとなりそうです。今シーズン最後の大会、パタヤに出場の為、木曜日に出発するからです。

 日本はすっかり秋ですね。皆さん風邪などひいてないですか?私は今回のヨーロッパ遠征は1週間と短いものだったのでなかなか時差ぼけがぬ けません。でも今度のパタヤと日本の時差は2時間だけなのでなんとかなるでしょう。ちょっと暑さが気になるところですが・・・・。ラストなので張りきっていきましょう!

 さて話は変わって私がリンツにいるときだったのですが、スマスマのビストロが放映されました。皆さん見てくださいましたか?スマップの皆さんにお会いしたのはもちろん初めてだったのですが、みんなそれぞれあじがあってかっちょよかった~!!すっかりファンになってしまったかも・・・。リクエストしたものは"美味しい煮物"だったのですが3人の作る煮物は本当に美味しかった!しかも手際のよいことよいこと。びっくりしました。香取シェフを選んだのは味がよく、しかもデザートの栗羊羹とのバランスがよかったからで、他の理由があったからではございませんよ!(友達から結果 発表が疑わしいと言われたので…)

 あと皆さん、バナナ割もうトライしてくださいましたか?ほんとにスパッといくのでまだやってない方、是非是非トライしてみてくださいね。 いろいろとテレビに出ることもありますがこんなに楽しいテレビ収録は初めてでした。オフも時間があったらまたテレビ出演するので皆さん見てくださいね。では最後のパタヤでおお暴れしにいってきます!

 応援メール・励ましメール・何でもメールお待ちしております。 CIAO!
WITH LOVE,愛

何が何でもトップ30以内でフィニッシュしたい...(2001年10月21日)

皆さんこんにちは。

 日本もすっかり秋ですね。私は今、オーストリアのリンツにいるのですが、こちらも日本と同じような気候です。ここではドナウ川沿いのホテルに泊まっているのですが、今日は秋晴れでホテルから見る景色はとてもきれい、プラスぽかぽか陽気で気持ちよかった。

 今回はこのリンツの1大会の為にはるばるヨーロッパまでやって参りました。なので気合は普段より満々でございます。というのも、今年を何が何でもトップ30以内でフィニッシュしたいのです。そうすると来年の全豪でのシード権がもらえるので戦いやすくなるのではないかな。というのが1番の目的です。シードがつくとつかないとでは大違いですからね。ここはもうひと頑張りでしたいです。

 今はやっとテニスもよくなってきて楽しくなってきているので、遠征に出るのも楽しみですし、なんと言っても先が 見えているということが1番嬉しいことです。 調子が悪くてテニスをエンジョイしていない時は一体何から手をつけていいのやら?といった状態になってしまいますからね。それが1番こわい事です。

 さて1回戦の相手が決まりました。地元の選手バーバラ・シェットです。どこを見てもきつい組み合わせばかりで、相手に不足はありません。 頑張りますので熱いエールを送ってください。

P.S. 今日夜10:00からのフジテレビ『SMAP×SMAP』に出演します。
   皆さん、ぜひご覧ください!
WITH LOVE,愛

中国に行くのは今回が初めて... (2001年10月14日)

皆さんこんにちは。

 またまた長いこと空けてしまいました。失礼いたしました。

 わたくし、昨日上海から帰ってまいりました。ジャパンオープンが終わってすぐに出発したのですが、長いことツア ーを周っていて中国に行くのは今回が初めてでした。

 降り立って先ず感じたことは、近代的な建物が沢山あって街もきれいだったこと。中国というと4000年の歴史ということからなんとなく古いイメージが私の中にあったのですが、今回街を訪れてモダンな雰囲気にびっくりしました。この大会は今年で2回目の開催なのですが大会側のオーガナイズがとてもきちんとされていて、会場の施設は勿論のこと、プレーヤーズレストランはとても充実していて、中華料理からパスタ、サンドウィッチ全て揃っていたので、プ レーヤー達も快適に過ごすことが出来ました。そして大会側がいろいろなイベントを用意してくれたり、マーケットに連れて行ってくれたり盛りだくさんの1週間でした。

 なかでも中国雑技団の素晴らしさには感激しました。45元(日本円にして600円くらい)で観ることができるのですが、次から次へと信じがたい難しい技をいとも簡単にやってしまう雑技団の皆さんはまさにすごい!!の一言。この演技をするまでに積み上げられた毎日の練習・厳しい訓練は想像を絶するものだと思います。またまたこの人たちからパワーをもらったような気がします。

 そして出発の日の朝は近くのマーケットまで行ってみました。こちらには普段中国の人たちが着ているような洋服、 靴から観光客目当てのバック、パシュミナ、ランチョンマット、時計などいろいろなグッズが売っていました。私の お気に入りはHAND MADEのビーズのバック。 普段使いの物とパーティー用の物、いろいろあったのですが、私はカジュアルなものをひとつゲットしました。

 ここでの楽しさはなんと言っても"交渉"。まずは"いくらですか?"と聞くと計算機を片手にそこで売っている人が数字をはじく。その半分くらいの金額から交渉開始。なかなか手ごわいおばさんもいましたが、初のマーケット交渉ということもあって自分自身では 50%ぐらい成功かな?まだまだ甘かった・・・。そしてホテルに帰ってきてホテル内に入っているショップにあるものを見てみると、な・なんと同じ物が売っているではありませんか、しかも10倍の値段で!! 知ってはいたもののやはり値段を確認した時はとっても得な気分になってにんまり^0^ やっぱり中国での買い物はマーケットが最高かも!

 今回の中国は大会で行ったのでまだまだ行きたい所も沢山あったのですが、もちろん時間が足りません。食事も会場 かホテルで済ませるしかなかったので外に食べに行くチャンスがなかったのですが、何をするにも安いし、パワーを 感じるこの国の虜になってしまいました。恐るべし、中国!やっぱりこれからはマンダリンやろっと。

 そして最後に空港でびっくり。中国でのテニス人気はどれくらいか分からないのですが、会場に足を運んでくれる人 の数を見る限りでは、あまり人気がないのかな?と思っていました。なのに、上海のプードン空港のショップをプラプラしていると店員の人達が"サンサンアイ、サンサンアイ!"(中国では杉山愛をこう読みます)と言って私の周りをぐるぐるまわってサインを求めてくるではありませんか!しかも行く所行く所で同じことが起こるのです。なんで?と思いながらもサインをしてきました。テニスがこんなに人気なら観に来てくれればいいのに!って少し思いながら上海を後にしました。今度は観光しに行きたい所でした。

 日本には5日間いて、次はオーストリアのリンツに出発です。これで頑張れればこれで今シーズンは終了。何がなんで もトップ30で終わりたい!頑張りますので応援しててくださいね。
WITH LOVE,愛