過去のブログ(ツアー日記:2003年4~6月)

杉山愛の過去のブログ「ツアー日記」です。
2001年5月から2008年2月までの過去の日記がご覧になれます。

TOUR DIARY

ウインブルドン。(2003年6月23日)

皆さんこんにちは。私は3日前にここウィンブルドンに入ってきました。 芝の試合はウィンブルドンを含めて、一年に2~3トーナメントしかないので 思いっきり暴れるしかありません。つまり、凄く楽しんでしまう,と言うことです。「土」のフレンチから頭を入れ替えて、「芝」のテニスに 微調整することから始まります。微調整とは言え 「土」と「芝」は全く戦い方が違うので、自分のテニスの中で それを探すのはとても難しいことです。 最初はいろいろ混乱していましたが、良い感じに仕上がりました。  いよいよ、明日、13番コートの2ラウンド目に入ります。 13番コートは6面あるショウコート (観客席があるコート・・・他はコート脇に一列だけベンチが 並んでいるだけなのです)の中の一つです。沢山の人たちに 観てもらえるのですから、思いっきり楽しもうと思っています。  今年も会場から10分のところに家を借りました。 とても素敵な大きなイングリッシュガーデンのついた家で リラックスするにも最高の環境ですし、ダブルスのパートナーの キムの家の3軒隣です。オンとオフを上手く切り替えて なるべく長くウィンブルドンを楽しみたいと思っていますので 皆さん沢山の応援を宜しくお願いします!
WITH LOVE,愛

3つ目のタイトルで~す。(2003年6月9日)

皆さ~ん、いえ~い!!
グランドスラム3つ目のタイトルで~す!!やった~。 みんなの暖かい声援・応援本当にありがとうございました。 試合は観ていただけましたでしょうか? 観てくれた人は かなりハラハラ・ドチドチの試合展開だったでしょ! 私も1STセット4-0から1STセットを落としてしまった時は "OH NO!"とかなりいやな雰囲気になりましたが、2NDの中盤から ストロークもボレーもサービスもしっかり振れてきて相手のプレーに対しても だいぶ冷静に判断できるようになってきたので、2NDを取れた時点では "お、これはいけるっ!"と思っていました。 が、しかし、世界のNO.1ペアはしぶといですね。 そう簡単にはいきません。3RDセットは試合の流れが相手チームに いったりこちらに来たりながら、試合が進んでいきました。 ファイナルセットでは5-3リードが5-6になってしまいましたが ここからは精神的な勝負。気持ちが引けてしまったり 冷静な判断ができなかったり、エネルギーが下がってしまっては 負けてしまいます。ポジティブに攻め、でも無理はせず 微妙なバランスの中で1ポイント1ポイントしっかり戦いました。 最後は自分のサービスゲームだったのですが、おもしろいもので 全く緊張することなく最後のゲームをしっかりプレーすることができました。 不思議だね。このフィーリングは本当に不思議。 前回のU.S.OPENでの経験がいきているのでしょう。 これは今後のシングルスにとってもいいことですよね。

前回のU.S.OPENの優勝はジュリーのお誕生日で 今回のROLAND GARROS優勝はキムのお誕生日! これまたすごい偶然でしょ。こんなこともあるんですね~。 キムはキムのお家が近いということもあってそのままGO HOME。 ということで、一緒にお祝いはできなかったのですが 毎日応援に来てくれていたジュリーとアーノンが一緒にお祝いをしてくれました。 もちろんJAPANESE RESTAURANTで!勝った後のお酒の味は格別です。

明日はイギリスに向けて出発です。今度は芝です。 どれだけ早くアジャストできるかが勝負ですね。ここ2-3日は 少しお休みしたいと思いますが、ウィンブルドンに向けてまたいい調整を していきたいと思います。 夜更かししてくださった方、体調には充分気をつけてくださいね。
WITH LOVE,愛

た~くさんのメッセージ。(2003年6月5日)

皆さんこんにちは。 皆さんからのた~くさんのメッセージ、本当にありがとうございます。 "元気をもらった。"とか"感動で涙がでそうでした。 "なんていうメッセージを頂いて、こちらが涙しそうになります。。。 こちらがさらにパワーをもらって、パワー倍増だね。 セリ-ナ戦は自分自身でも納得のいく1戦でした。 彼女と対戦して初めて、またこの先に自分が何をやって いかなくてはいけないのか、ということもわかりました。 またひとつ上のレベルが見えてきたという感じでしょうか。 だから負けて悔しいという気持ちよりも、また挑戦し続けられることに 嬉しさを感じています。

そして3回戦、4回戦ともスーザンランランコートに入ったのですが その雰囲気の素晴らしいこと!!特にセリ-ナ戦では沢山の日本人の方 AND地元のフランス人までがめっちゃ応援してくれたのでした。 あの歓声の中プレーすることができる私は、本当に幸せ者です。 皆さん、応援ありがとうございました。

そして今日はダブルスQFがあり、ナギョ-バ・マテビチッチを破り 準決勝に進みました。次の対戦はリクホツェバ・ブラック組です。 ん~、タフだけどここまできたら優勝したいね。できるよね!頑張ります。

早いものでもう2週目も中盤に差し掛かり 会場のプレーヤーズレストランやラウンジがかなり静かになってきました。 グランドスラムの1週目はいろいろな選手に会えて嬉しい半面 人が多すぎてとっても疲れる。。。 やっぱりグランドスラムは2週目に限るかな。なんて~。 常にそう言えるように2週目まで残りたいものです。

さ~て、そろそろ寝る時間。あさっていいダブルスはできるように 明日はがんがん練習します。では準決勝の応援よろしくお願いしま~す。
WITH LOVE,愛

ローランギャロでの練習が始まりました。(2003年5月21日)

皆さん、こんにちは。いかがお過ごしですか? 日本もどんどん暖かくなってきているのでしょうか? 私は昨日、ローマからパリに移動してきました。ローマは毎日快晴で ヒートルールが適応されるほど暖かかったのですが こちらパリは少し不安定なお天気です。

今日から本会場ローランギャロでの練習が始まりました。 まだ本戦の選手もあまり来ていないということもあって センターコートで練習しちゃったよ!! グランドスラムのセンターコートは特別なフィーリング。気分は最高です。 ここでテニスをする為にツアーを回っていると言っても過言ではないかもね。 本当に。

そして今回は皆さんにいいご報告ができます。 先週のティアの大会しかもRED CLAYでベスト4に入りました!! にっこり^0^ 結果もかなりHAPPYですが、プラス、クレーコートでの 自分のスタイルを見つけられたことが何よりも嬉しい!! 毎年この時期になるとなんとな~くどうすればいいのか 悩みがちではありましたが、今回は沢山お勉強することができ いろいろなことを学びました。 ベルリンのシングルスはあっという間に負けてしまったので 必然たくさ~ん時間ができました。 でもそれが自分にとっては必要な時間だったんですね。 シングルスの練習もできたし、いろいろな選手の試合も沢山観戦しました。 そしていい選手は何ができているのか?自分とは何が違っているのか? など考えながら見ることによって、クレーで自分がやっていかなくては いけないことが見つかったのでした。と言っても 自分のプレースタイルが変わるわけではありません。 ただクレーの遅いタイミングに狂わされないように フットワークや体勢をアジャストしていくということ。 クレーがだんだん好きになってきたよん!

今年の目標は"どこまでも深く追求"。 私にとってこのツアーにいる限り、終わりのないチャレンジだと思うので これからが本当に楽しみです。メカニズムについても精神的なことについても 本当の意味で理解できるようになってきたような気がします。 ということで、遅咲きの私はこれからがピークなので、皆さん応援していてね。
WITH LOVE,愛

ゴールデンウイーク真っ只中!(2003年5月3日)

皆さんこんにちは。ベルリンからのダイアリーです。
日本はゴールデンウィーク真っ只中ですね~。皆様いかがお過ごしですか? 今年はSARSの影響で国内旅行近場でエンジョイする人が多そうですね。私達が出発した5月1日も空港はがらがらで閑散としていました。私も一応マスクなんぞ買ってみたのですが、 結局使いませんでした。。。気をつけようがないような気もして・・・。 でも今はベルリン。こちらは日本と同じような気候でとても気持ちいいですよ。私も元気にやっております。

少しお話は戻りますが、この間のFED CUP、沢山の方に応援していただきました。ありがとうございました。月曜日から土曜日までほとんど毎日試合があってハードスケジュールでしたが、みんなで勝ち取った勝利の喜びは、個人戦では味わうことの出来ない充実感がありました。チームの雰囲気もとてもよかったので、私も丸ごとエンジョイさせて頂きました。特にスタッフの方がプレーしやすい環境をつくってくれたので、選手はプレーに集中することができました。そしてなんと言ってもHOMEの強み!皆さんの応援は心強かったです。 この勝利でWORLD GROUPの入れ替え戦の権利を手に入れた私達は7月にSWEDENと対戦することが決まりました。しかもまたHOMEでございます。詳しい場所はまだ決まっていないのですが、7月19・20日なので、皆様の熱~い応援、よろしくお願いしま~す。  いよいよRED CLAYのシーズンが始まります。初日の練習を終えた感想は、"ん~、なかなかいい感じ!"だったので、楽しみにです。クレーは自分のテニスの幅を広げるのに、とってもいいお勉強になりますからね~。フレンチオープンで皆さんにいいテニスがお見せできるように頑張ります! では皆さんのゴールデンウィークの過ごし方など、楽しいことある方、メールお待ちしておりま~す。
WITH LOVE,愛

ただいま~!(2003年4月15日)

ただいま~!! 2ヶ月ちょいの遠征を終えて帰ってまいりました。 かなり暖かくなってきましたね~。いかがお過ごしですか?私は不覚にものどがちょい痛い。早く治さねば・・・。今回は戦争やSARSの影響の為、普段よりも飛行機の乗るのが少し怖かったかな。実際に私の持っていたチケットのルートもワシントン経由だったのですが変更してL.A.経由で帰ってきました。

ここで少しマイアミ後のお話をさせていただきます。 マイアミのナスダックが終わるとハードコートのシーズンは終了。ということで、次はFrench Openまでクレーコートになります。マイアミの翌週に行われたサラソタの大会はGreen Sandで赤土とは少し違うのですが、ハードコートのテニスからクレーコートのテニスにアジャストしなくてはいけません。クレーコートはなんと言ってもPatience、忍耐力が必要になります。ハードコートでは決まっているはずのボールが、クレーコートでは相手に返球されてしまうからです。フットワークやポイントの取り方も少しずつ変わってきます。サラソタはティア4の大会とは思えない程、レベルの高い大会でした。私も1回戦からタフドローで土屋さんコンチータとの対戦。1stは2こ、2ndも5-3とリードしていたのにも関わらず、ストレートで負けてしまいました。でもこの敗戦で、自分がクレーコートで勝つためにやっていかなくてはいけないことが、た~くさん見つかったのでよしとしたいと思います。クレーでポイントを取るにはじっくりと攻めなくてはいけないけれど、チャンスを見逃してはいけない!! 頭がクリアで正しい判断を要されるということです。ん~ヨーロッパの赤土が楽しみっ?!

当初の予定ではチャールストンにも出場する予定だったのですが、何と言って今年に入ってず~っと大会に出続けているので、キャンセルすることにしました。ですのでシーズン中ではありますが、めっちゃリフレッシュさせて頂きました。オーランドのユニバーサルスタジオに行ったり、L.A.ではドジャース vs ダイアモンドバックス戦で石井さんの投げるのを観てきました~!!普段はかなりの出不精者の私ですが、いろいろなところに連れて行ってもらって、めっちゃ楽しんじゃったよん。ユニバーサルスタジオでの私のお気に入りは"Back to the future"と"earthquake"。まだ体験したことのない方は行ってみてね。野球を見に行くのも久々でした。しかも石井さんのピッチング。大きな声で叫びまくっちゃいました。ボールパークでドジャースドックにビールでAmerican Baseballを満喫。石井さんも勝ち負けはつかなかったものの、崩れそうになった所でまたしっかりとリズムを取り戻し立派でした。5回を投げて交代をしましたが、世界のトップレベルで日本人選手の活躍を観ると、"私も頑張ろ~!!ってパワーを頂きます。本当に。 この気分転換で明日への活力、エネルギーをた~んとチャージしちゃいました。うっしゃー!!

そして久々の日本に着いて、ん~。ぎりぎり間に合った桜!!! お花見には行けなかったけど、やっぱり春は気分がわくわくしてくるね。気候がいいと幸せな気分になっちゃいます。今回の日本滞在は長めで3週間です。テレビや雑誌もちょろっと出るのでチェケラッしてくださ~い。そして21日の週は有明でFed Cupがありますので、日本がまたWorld Groupに復帰できるように、応援してください。お時間のある方、有明での熱~い声援、お待ちしております。では今回はこのへんで失礼します。世界の平和と皆さんの健康をお祈りいたします。

See you soon!!
WITH LOVE,愛